東綱橋梁株式会社

吊橋の保守点検|東綱橋梁株式会社

  1. ホーム
  2. 吊橋の保守点検
ワイヤロープ 健全性診断

強靱なワイヤロープも使用するにしたがって腐食や断線、張力低下が発生します。このような状態での使用は、人命にかかわる事故を招きかねません。ワイヤロープの劣化状況を定期的に調査し、適宜対処することが安全面において非常に重要です。
当社の「健全性診断」は、ワイヤロープの用途や使用環境に応じて腐食、断線、張力を独自のシステムで測定し、データを分析して劣化の度合を正確に評価。安全上の問題点を抽出し、必要なメンテナンスを施します。
吊橋の機能と安全性維持のために「健全性診断」をぜひお役立てください。

ワイヤロープ 健全性診断

ハンガーロープの腐食測定

腐食測定

吊橋やステイ索などの静索において経年劣化の最大原因となるのが腐食です。当社では、従来の方法では不可能だった高精度の腐食測定を実現する全磁束測定システムを開発。細径から1,000mmクラスの太径まで、ロープの劣化状況のハイレベルな診断を可能にしました。定期的な腐食測定により、構造物・設備の安全性が一層確かなものとなります。

全磁束法による腐食測定の原理

全磁束法とは、ロープ内を通る磁束(全磁束)の測定値で腐食などによる欠損断面積を評価する方法です。右図のようにワイヤロープを軸方向に飽和磁化させたとき、ワイヤロープ内を通る磁束(φ)はワイヤロープの断面積(S)に比例します。健全な状態の断面積(S)に対して腐食部の断面積がS'の場合、減少した量(S−S')が欠損した断面積であり、これは両者の磁束の差(φ−φ')に比例します。腐食によって発生した赤錆は非磁性体のため、腐食部は断面積欠損とみなすことができます。したがって、全磁束法を用いることによりワイヤロープの腐食・摩耗による断面欠損を定量的に測定でき、ロープの健全性を評価できることになります。

全磁束法による腐食測定の原理

断線測定

ワイヤロープは使用に伴い断線が発生し、これを見逃すと切断事故になります。ワイヤロープの切断は大きな事故につながることが多く、事故を未然に防ぐには、ロープの取替時期の適確な判断が必要です。そのためには信頼性の高い断線測定を定期的に実施することをお奨めします。

ワイヤロープテスタによる断線測定の原理

検出器の中をワイヤロープが通過すると検出器に内臓した永久磁石によりワイヤロープが強く磁化されます。素線断線があると断面が減少するため、磁束が漏洩します。この漏洩磁束を検出コイルで検出し、信号として出力し記録します。

ワイヤロープテスタによる断線測定の原理

張力測定

ワイヤロープは吊構造物の引張材をはじめ、ステイ索やエレベータなど多数本で使用されることがあります。これらの用途において重要なのが張力管理です。当社では張力導入時の測定はもちろんのこと、安全性の維持に欠かせない張力の定期測定を高い精度で行っています。

振動法による張力測定

ロープに加速度センサーを取り付け、ロープを加振します。その時の共振振動数(1次)を加速度センサーおよびFFTアナライザーで測定します。

振動法加速度センサ

振動法加速度センサ

3点ロール法による張力測定

ロープに3点ロール装置を取り付け、中央を押し込みます。押し込み力と押し込み量は比例しますが、その関係はロープ張力に依存します。この原理を用いて張力を算出します。

3点ロール法による張力測定

3点ロール法による測定例

▲ページの一番上に戻る